ダイエット中はワンプレートで食事すると食べ過ぎることを抑えられる

ダイエットをする上で大切なのは、体重をただ落とすのではなくしっかりと栄養バランスの良い食事をして、体の内側から改善していくことです。無理にダイエットを行うと抜け毛や肌荒れの原因となり、きれいに痩せることができません。ですので、きれいにダイエットをするには栄養バランスを意識した食事を行うと良いでしょう。

栄養バランスを整え、なおかつ満腹感を得ることができる方法にワンプレートにすべての食事をのせる方法があります。この方法は、一つのお皿にごはんとおかずを盛り込んでしまうことであり、ワンプレートの中におさまるようごはんやおかずの量を考えなくてはならないため必然的に食べる量を減らすことができます。さらに彩りを考えるきっかけとなるので、栄養バランスも整っていきます。

近年ではワンプレートダイエットが注目されているため、オシャレなプレートも数多く販売されています。食事は匂いと見た目でおいしいかどうかをまず確認するので、オシャレなプレートに彩りよく盛り付けることで、少量でも脳は満足をします。そしてワンプレートの割合を考えることが大切で、半分を野菜、4分の1をタンパク質、そして残りの4分の1を炭水化物にします。タンパク質は肉や魚、卵や大豆といったものをローテーションを組んでまんべんなく食べるようにすると栄養は偏りません。野菜の中に海藻類やキノコ類を添えると食物繊維が豊富になりデトックス効果を得ることもできます。

食事をするにあたって大切なのは、たとえワンプレートであっても食べている時は満腹中枢は働かないということです。おおよそ20分後に働き始めるので、特に最初の20分間はゆっくりと食べることを意識し、よく噛むようにしてください。さらに食べすぎを防止しダイエット効果を得るには、20分たったら一度箸をおき、そのまま3分ほど待ちます。この時点でお腹がすいていると感じたら残りの分を食べるようにし、仮にお腹がいっぱいと感じたらそこで食事は終了します。このようなことを繰り返していくうちに、今日自分はどのくらいの量を食べることができるのかがわかり、食材を無駄にしなくてすむようになります。

ワンプレートダイエットで大切なのは、決められた空間の中にいかに満足感を得る盛り付けをするか、栄養バランスが整っているか、野菜の比率が多くタンパク質をしっかりと摂っているかということです。食べたい欲求からおかわりをしないようにする抑止力の効果もあるので、食べすぎを抑えることができます。