全身EMSトレーニングはたった20分で3~4時間のトレーニング効果が得られる

トレーニングをしている男性

全身EMSトレーニングとは、専用スーツを着てダイエットを行う方法であり、最先端技術を用いているのが特徴です。ダイエット以外にも体質改善や筋力増強といった目的に合わせて電気の刺激の強度と深度を決め、周期的にコントロールするため、20分という短い時間で3時間から4時間トレーニングをしたと同じぐらいの効果を得ることができます。EMSは医療用としても利用されているので、電気の刺激によって体調が悪くなることはありません。専用スーツに関しても重さはさほどなく、ボディスーツのようなものを着用してトレーナーの指導のもと体を動かすので、年齢に関係なく体質改善や筋肉増強を促すことが可能です。

全身EMSトレーニングは加圧トレーニングとも言い、全身の筋肉を同時に刺激するので基礎代謝が上がりさらに体脂肪の燃焼を促進するので、ダイエットとしても向いています。太りにくい体質へと変化をするのですが、筋肉をしなやかな状態にする効果もあるので、血流が改善し、冷え性や肩こり、腰痛といった慢性的な疾患の改善にもなります。20分という短い時間のため体を動かすことが苦痛ではなく、専門のトレーナーが体調や体力に合わせてプログラムを組んでいるので、効率よくダイエットを行っていくことができます。

なお、この全身EMSトレーニングの場合、心臓に障害がある、高血圧や高脂血症、糖尿病や血液疾患がある人は医師の診断書が必要となることがあり、安全に行うためにも医師の了承を得なくてはならないことがあります。そして飲酒後や風邪気味、めまいや生理痛がひどいといった体調が優れない場合にもトレーニングをする前には、トレーナーへの相談が必要です。電気による刺激はリハビリにおいても取りいれられている方法であるので、体に悪い影響を与えませんが体調が優れないときには予期せぬことが起こることもあるので、控えるようにします。

全身EMSトレーニングは、わずかな時間で長時間トレーニングを行ったのと同じ効果を得るだけでなく、関節部分にも負担をかけないため、健康であれば様々な年代の人がトレーニングを受けることができる気軽さがあります。そしてダイエットだけでなく、自分が理想とするプロポーションを作ることができる、周波数をコントロールすることでつきたい部分に筋肉をつけることができる、といった効果や筋力増強によって基礎代謝が向上する、骨の細胞の活性化を促すホルモンの分泌量が上がるといった健康維持にも役立ちます。