肥満だと生活習慣病になりやすいので注意してください

ボトムのボタンが閉まらない太った人

生活習慣病は、一つの病気ではなく糖尿病や痛風、高血圧や高脂血症といった病が含まれています。いきなり生活習慣病になるのではなく、長年行ってきた悪い生活習慣によって引き起こされており、遺伝はあまり関係がありません。原因として考えられているのは、食事量の多さやストレス、運動不足や過度の飲酒といったことがあげられます。

生活習慣病かどうかは、血圧や血糖値、血液中の脂質によって判断されます。肥満であると生活習慣病になりやすいのですが、見た目は痩せていても生活習慣病を引き起こすことがあり、このような場合はメタボリックシンドロームが影響していることがあります。メタボリックシンドロームは通称メタボ、または生活習慣病予備軍とも言われており、内臓に脂肪が付き始めている状態で、ある程度進行しないとお腹周辺が目立ってきません。自覚症状もなく、気が付くのが遅くなってしまい、知らぬ間に高尿酸血症となり痛風を引き起こしたり、高脂血症や高血圧症、糖尿病を発症してしまったりすることもあります。

生活習慣病になるとがんや脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群や動脈硬化などの病を引き起こすリスクが大変高くなります。動脈硬化というのは血管に脂肪やコレステロールがたまってしまい血管のしなやかさが失われ硬くなる状態をさしていますが、動脈硬化が進行してしまうと血管が詰まったり、傷ついたりして脳梗塞やくも膜下出血、心筋梗塞など命に関わる病を発症する危険性が増します。動脈硬化もまたサイレントキラーと言われるように、いつの間にか進行しているものであるので日頃から肥満にならないよう注意しなくてはなりません。

さらに生活習慣病の場合、成人病とも言われていましたが、近年では成人でなくても小さな子供においても血糖値や脂質の値に異常が見られることが多くなっています。早食いをしてしまう、食事の時間が不規則だ、外で遊ばずゲームをしている時間が長いといったことが理由となっており、小さいうちから血糖値などに異常があると将来的に生活習慣病になるリスクが高くなります。

肥満とこの病気は密接な関係にあります。年齢を重ねるにつれ基礎代謝は下がっていき、若いころのように食べてしまうと脂肪が蓄積されやすくなりすぐに肥満となりますので、食事の量や質を見直し、有酸素運動を中心として体を動かすことを意識するようにします。日ごろから体重や内臓脂肪を増やさないことが肥満防止につながります。