80%の人が痩せたというシックスパッドを使ってお腹引き締め

腹筋が割れている男性

シックスパッドは最先端のトレーニング装置であり、有名なサッカー選手もつけていることから注目されている運動機器となっており、ただ装着するだけで筋肉がつき、さらに多くの人が痩せたと実感しているため、受け入れられている理由となっています。シックスパッドの場合、筋肉トレーニングをする時間がない人、自分で行うのが難しい人や苦手な人に向いており、腹筋など筋肉が付きたい部分にシックスパッドを装着するだけで振動し、効率よく体やお腹を引き締めることができます。

さらにシックスパッドの場合20分ほど装着したままでよく、回数も1日1回であるので運動が苦手な人にも気軽に使えるメリットがあります。もし外れてしまっても自動で停止する仕様となっており、付属しているベルトをまくことで体を動かしてもずれることはありません。ベルトをまくことで体に密着するので、より腹筋に力をかけることができ、しっかりと引き締め効果を得ることができます。

シックスパッドはEMSを利用しており、電流を流すことで筋肉を鍛えるものではありますが、20分間装着することで筋肉痛になることがあります。電流がしっかりと通っている証拠であり、電気の刺激によって筋肉に信号を送っていることが自分自身でもわかるためより引き締め効果を高めることが可能です。特にお腹周りの場合、すぐに見た目でも変化していることがわかるため、モチベーションの維持にもつながります。

シックスパッドは、充電式であるため電池の交換なども必要がなく、5時間ほど充電することで30回は使用できるなど経済的であり、専用のアプリをダウンロードすることで自分の目でトレーニングがどのように進んでいるのかも把握することができます。鍛えたい部分によってパッドの大きさや形が異なるので、より効果を得たい場合は鍛えたい部分に合わせたものを選ぶようにします。

なお、効率よく引き締めるには毎日同じ部位に使わないことが大切です。筋肉の場合、毎日刺激を与えるとその刺激に慣れてしまい、思うように筋肉が増していきませんし、筋肉を休ませることで、その期間の間に鍛えることで壊れてしまった筋肉細胞を修復して、より成長していくので、筋肉を使った次の日はしっかりと休ませるようにします。

そしてシックスパッドには15段階で電流を変えることができますが、初めから強い段階のものでスタートしてしまうと筋肉を必要以上に傷つけてしまう危険性があります。必ず弱い状態から初めて、ある程度慣れてきたら徐々に段階を上げていくと効果を得ることができます。